脚痩せ

ふくらはぎの脚痩せ効果にはコレがオススメ

足の部分で気になるのが、太もも。

そしてふくらはぎ。

スカートをはいてしまうと、ふくらはぎの太さが目立ってコンプレックスになっている人も。

痩せたいけど、なかなか痩せられない…

そう思っているかもしれませんが、脚痩せ効果絶大のふくらはぎダイエットがあるんです。

そもそもふくらはぎというのは脂肪が多かったり、むくんで太くなります。

冷え性や血行不良、代謝が悪いと太くなってしまうんですね。

ということは、単純に冷え性を改善したり血流や代謝を良くすれば良い話です。

足のむくみ解消にはスパッツやタイツ、靴下があるので、仕事中に履ける人は長時間履けるタイプを。

仕事や学校で難しいという人は、睡眠中に履くタイプをおすすめします。

また、筋トレやストレッチというと時間がかかるイメージがあるので、とにかく歩く!

有酸素運動は体全体のダイエット効果もあるし、血流も良くなります。

そしてお風呂の中でのマッサージ。

もみほぐしたり、リンパの流れを良くすることで、脚痩せ効果が変わります。

入浴後にオイルやクリームをぬるなら、血行の良い状態でマッサージができるので、正しい方法で行えばむくみの解消&予防ができます。

ふくらはぎの脚痩せ効果絶大なものは意外に簡単です。

あとは自分がきちんと続けること!

むくみやすい体質の方は食事なども気を付けてくださいね。

太ももの引き締めには何ヶ月くらい必要か

太ももの引き締めには、ストレッチやトレーニング、レギンスやタイツなど、いろいろなタイプがありますよね。

種類や自分のやり方によっても効果に差はあると思いますが、本気で引き締めようと思ったら、それなりに時間がかかります。

1週間で5センチと言う人もいれば、1ヶ月に5センチと言う人もいるので、短期間で効率良い方法を見ると期待してしまいますが、元の体型にもよります。

また、効率良く引き締めたいのであれば「ダイエット」でなく、脚痩せメニューを選ぶことが重要なポイントになります。

注意したいのが、痩せると引き締めるは違うので間違ったものを選んでしまうと
「筋肉がつきます」

つまり
「太くなります」

有酸素運動や姿勢を正して歩いたり座ったりする。

通常のセルライト(脂肪)へのマッサージやリンパマッサージ、ストレッチやトレーニング。

食事や痩身レギンスなど、できることを併用して、継続していくことが太ももの引き締めへの近道となります。

ただ、太ももの引き締めはわりと早く効果を実感しやすくても、1センチとかでは目に見えてわかりにくいです。

スキニー履いたらわかったというのであっても、数センチはマイナスにならないといけないかも。

しかし、結果が目に見えるまで習慣にしていきましょう。